Salon de monna

神戸市東灘区アロマセラピー&レイキヒーリングサロン

とあるドクターの動画をシェアします。

神戸市東灘区の

アロマセラピー&レイキヒーリングサロン

『Salon de monna』

歌うセラピスト、山本 倫子です♪

 

 

YouTubeでは削除されてしまったので

取り急ぎコチラを…⬇️

 

https://sp.nicovideo.jp/watch/sm38417783

 

 

こう言った真実を伝える動画は

YouTube上では尽く削除されていきます。

 

この方、三岬ドクターです。

こう見えて(笑、失礼🙏🏻)お医者さまなのです。

 

シェアしてもらった文章ごと以下に⬇️


********************
内容はこんな感じです。


・無菌室じゃないところでサージカルマスクをしたって、ばい菌付きまくりで、1分ごとに変えなきゃダメ。

・マスク着用やソーシャルディスタンスはやめてほしい。

新型コロナウイルスが存在している証拠を誰も持っていない。

PCR検査陽=感染ではない。

・無症状者からの感染も証明されていない。

PCR検査が新型コロナウイルスを検出しているという証拠もない。

・行政は新型コロナウイルスが存在する証拠を持っていないのに、誤った感染症対策を行っている。

・政府のすべてのコロナ対策は見当違いで誤りであり、国民は一切従う必要はない。

・厚労大臣は記者会見で「大臣からワクチンを打つべきではないですか」の問いに無言。

・前厚労大臣は「あんなの打ったら、死ぬ。俺は打たない」と発言。

・新薬開発には通常、7年かかるが、今回は1年もかけていない。治験もまだ終わっていない。

ファイザー新型コロナウイルスワクチン添付文書には「劇薬」と書かれている。

・一自治体が「劇薬」を勧奨することは法律で許されていない。

・ワクチンを打てば、3~5%が死ぬ。座間市13万人の市民の中から2,000~3,000人が死ぬ計算。

ファイザー元副社長も「打ってはならない」と告発。

・市役所の中にもディープステート(DS)はいる。

・DSの妨害を防ぐため、行政不服審査法の第7条「不作為の不服申し立て」に基づき、「行政に是正を求めたのに、しなかった」ということで裁判を起こす。

などなど、動画からこの方の命がけの気概が伝わってきます。

この動画を見て、「やっぱり、コロナはないんだ」「怖がらなくていいんだ」と思う人が増えたら、いいな。

 

********************

以上です。

早く日本の皆さまがプロパガンダによる深い洗脳から目覚めて行きますように…🙏🏻